治療の流れ

治療の流れ

インプラント治療の前に、むし歯・歯周病がある、かみ合わせが悪い、難症例などで骨造成が必要といった場合は、手術の前に先にそれらの治療を済ませます。口腔環境が悪いままインプラント手術を行なうと、術後に悪影響を及ぼすことがあるためです。

治療後、口腔環境が安定したことが確認できましたら、インプラント手術を行います。

Flowインプラント治療の流れ

  • Flow.01
    問診
    患者さまのお悩みや健康状態、生活習慣などをお伺いいたします。
  • Flow.02
    口腔内診査
    むし歯や歯周病、噛み合わせなどの状態をチェックいたします。
  • Flow.03
    2次元レントゲン、診査
    歯や顎の骨の状態を見るためにまずは2次元レントゲンを撮影します。
  • Flow.04
    3次元CT診査
    歯科用CTで立体的にお口の中の状態を把握できるよう診査し、治療方針と計画を立てます。
  • Flow.05
    クリーニングなどの前処置
    お口の中の環境を整えてからインプラント治療を行うことで、術後のトラブルのリスクを軽減します。
  • Flow.06
    インプラント手術
    担当医はインプラント専門の歯科でさまざまな症例を経験しており、また麻酔に関しても研究を重ね、できるだけ患者さまの痛みを軽減できるよう配慮しています。
  • Flow.07
    抜糸
    インプラント体を埋入した跡を確認し、抜糸します。
  • Flow.08
    アバットメント(土台)装着
    インプラント体を骨に埋入してから3~6カ月待ち、インプラント体と骨が結合してからアバットメントを装着します。
  • Flow.09
    クラウン装着
    色や質感など、装着前に患者さまと相談しながら決めていきます。

Information診療のご案内

診療時間
9:00~13:00 -
15:00~19:00 -
診療時間
9:00~13:00 / 15:00~19:00
※日曜・祝日休診
※勉強会のため、不定期で17:30に診療を終了する場合がございます。
 2024年04月 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    
 2024年05月 
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページトップ